ペーパーレスソリューション

導入メリット

ペーパーレスシステム「モバイル会議」を導入するメリット

会議を開催する事務局の
作業負荷の軽減

経営会議などの開催準備にあたり、配布資料の印刷や丁合い作業が不要で、直前の資料変更も簡単に対応が可能です。会議終了後の資料回収を行うこともなくなり、紙の資料では難しかった紛失・盗難漏えい対策も同時に実現されます。

資料の印刷を止めた場合の
コスト削減効果

印刷費と印刷に係る人件費とあわせたコスト削減効果が期待できます。

カラー用紙10部、モノクロ用紙40部を用いる会議が、週3回行われる場合、年間150万円のコスト削減ができます。

印刷費(A)
カラー:18円/枚×10ページ×10部×3回/週×50週/年=270,000円/年
モノクロ:4円/枚×20ページ×40部×3回/週×50週/年=480,000円/年
計750,000円/年
人件費(B)
5,000円/時×0.5時間/回×1名×6回/週×50週/年=750,000円/年
合計
A+B=1,500,000円/年

情報セキュリティの向上に
大きく貢献

紙に印刷した機密情報や社外秘資料は、回収または廃棄処理の必要があり、情報漏えいのリスクが存在します。
会議をペーパーレス化すると、業務用端末と同等のセキュリティ基準を満たすため、情報漏えいリスクを低減できます。

ペーパーレスでスムーズな
議事の進行が可能

会議の議題が多く資料が大量でも、簡単に説明者の画面を参加者に同期させることができます。参加者が会議中に他の資料を閲覧していても、ワンタッチ操作で説明者の画面に戻ることができます。拡大・縮小やポインター機能もあり、スムーズな議事進行ができるので、会議時間の短縮化が図れます。

会議資料の見やすさとカラーによる
わかりやすさが向上

ノートPCやタブレット端末なら小さい文字も簡単な操作で拡大・縮小の閲覧が可能で見やすさが向上します。さらに紙による会議では、印刷コストの問題で白黒を多用している場合が多いですが、電子データの資料では、印刷コストを気にせずカラーで確認できて資料のわかりやすさが向上します。

モバイル会議について更に詳しく
  • iOSは、Cisco の米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
  • Windows、Windows XP は、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。
  • iPadはApple Inc.の商標です。

お問い合わせ

当社のサービス・製品に関するご相談やご質問、お見積りのご依頼など、こちらからお問い合わせください。