マルチデバイス対応Webサイト構築

img_products_multidevice_thumb

Google社が「PCよりもスマートフォンなどモバイル端末からの検索が上回った」と公式発表するなど、Webサイトを閲覧する端末はスマートフォンやタブレットが主役になりつつあります。そうした状況でWebサイト構築に求められるのは、PCでもモバイルでも違和感なく閲覧できるマルチデバイス対応。当社は日々増え続けるデバイスに対応したWebサイト構築を支援していきます。

レスポンシブWebデザインへの対応

PC、スマートフォン、タブレットの画面サイズはそれぞれ異なります。しかも、機種は増え続けており、画面サイズは両手でも足りないほど。とはいえ、画面サイズごとにHTMLを用意するのは大変な労力がともないます。

そこで現在、主流となっているのがブラウザの横幅サイズを基準にして表示(CSS/スタイルシート)を切り替えるレスポンシブWebデザイン。使用しているOSやブラウザに依存しないため、利用するHTMLは一つで済みます。さらに、同じURLでPC用ページとモバイル用ページを表示することが可能。大手検索サイトではレスポンシブWebデザインを推奨しており、SEO対策にも効果があります。マルチデバイス対応のWebサイト構築するうえで、レスポンシブWebデザインは有効な手法の一つと言えます。

レスポンシブWebデザインの表示イメージ

レスポンシブWebデザインの表示イメージ

レスポンシブWebデザインにこだわらない柔軟なマルチデバイス対応

レスポンシブWebデザインは手法であり、構築するうえでの選択肢の一つです。万能ではなく、以下のようなデメリットもあります。

  1. すべての表示を一つのHTMLでまかなうため、通信環境によっては読み込みが遅くなる
  2. ソースが複雑になり、コーディング/デバックに時間がかかる
  3. フィーチャーフォン(ガラパゴス携帯)は未対応
  4. デバイス専用のデザインにすることはできない

本題は「ユーザーがWebサイトを気持ちよく利用できる」こと。例えば、個人情報を入力してコンバージョンを得るサイトは、スマートフォンでの入力は軽快とは言えません。ターゲットが若年層ならモバイル対応は必要ですが、レスポンシブWebデザインが適しているかは検討の余地があります。場合よっては、デバイスごとにサイトを構築した方が運用しやすく、低コストで済むこともあります。

メンテナンス性が高く拡張しやすいWebサイトを提案

当社がマルチデバイス対応で心がけているのは、お客様の要望をヒアリングしコンテンツを分析したうえでWebサイトを構築することです。情報設計が複雑なサイトのマルチデバイス化を数多く手掛けてきた実績をベースに、レスポンシブWebデザインを優先するのではなく、「メンテナンス性が高く拡張しやすいWebサイト」をゴールに置いて構築していきます。

NRIグループの一員としてコンサルティングと分析力をフル活用し、提案から設計、構築、運用・保守まで、マルチデバイス対応のWebサイト構築をワンストップで提供致します

マルチデバイス対応の流れ(一例)

マルチデバイス対応の流れ(一例)

お問い合わせ

当社のサービス・製品に関するご相談やご質問、お見積りのご依頼など、こちらからお問い合わせください。