クラウドネイティブ・アプリケーション基盤 on AWS

img_products_aws-native-apps_thumb

クラウドファーストの名の下に、インフラ構築の際にはまずクラウドを検討するということが一般的になってきました。最近では更に考え方が進んで、クラウド特有のサービスを前提としたクラウドネイティブなシステムやアプリケーションが台頭してきています。Amazon Web Services(以下「AWS」)上での開発経験が豊富なNRIネットコムが、多彩なクラウドサービスを組み合わせ、最適なシステムをご提供します。

アプリケーションの開発に専念できる

クラウドネイティブとは、クラウドサービスを最大限活用し、拡張性・可用性のあるシステムを組み立てていくスタイルです。クラウドサービスの多くは、サービス全体でリソースを管理しユーザーが必要としただけリソースを提供する形になります。その為、リソースの利用効率が極めて高く、かつ利用量/時間に対する課金となるためコストも最小限に抑えることができます。さらに負荷に対しては、ほぼ自動に拡張が可能です。サーバーの運用管理も不要で、従来のインフラ管理に比べて極めて効率的に運用できます。その為、ユーザーは最小限のリソースでインフラを管理することができます。そのリソースをシステムやアプリケーションの開発に投入することにより、ビジネスを加速することができます。

■サーバーレスアーキテクチャとは

クラウドベンダーが提供するサービスを組み合わせることで、アプリケーションが稼働する環境を構成することを意味します。実際にはクラウド上にサーバーは存在するが、利用者側からサーバーを意識する必要がない(すべての設定やメンテナンスをクラウドベンダーに任せる)ことからサーバーレスアーキテクチャと呼ばれています。

<クラウドネイティブにおけるサーバーレスアーキテクチャのイメージ>

クラウドネイティブにおけるサーバーレスアーキテクチャのイメージ

お問い合わせ

当社のサービス・製品に関するご相談やご質問、お見積りのご依頼など、こちらからお問い合わせください。