データ分析基盤構築・運用サービス

1023

NRIネットコムのデータ分析基盤構築・運用サービスは、Amazon Web Services(以下「AWS」)を活用して統合的なデータ分析環境を実現するサービスです。

お客様が収集しているデータの規模や種類、蓄積に利用しているデータベースや設置場所、分析業務の内容やその頻度など様々な状況が考えられます。NRIネットコムは、そのようなお客様の状況を正確に把握し、最適かつ柔軟性のある分析環境をご提供することで、お客様のデータ活用全体を継続的にサポートいたします。

データ分析基盤構築で得られる効果

効果 内容
分析環境の一元化 分散された環境では、分析業務に余計なコストが発生してしまいます。分析環境を一元化することでデータに基づいたビジネス施策の検討に集中できるようにいたします。
業務の自動化 データが一元的に管理されることで、散在するデータの収集から整形、レポーティングまで業務を自動化することが可能になります。
マーケティングの精緻化 オフライン・オンラインデータの統合による消費者インサイトの拡充を通じて、的確なマーケティング施策の企画・推進をサポートできるようになります。
価値の創出 複数のデータと組み合わせて分析することで、単独データだけでは得られない示唆を得ることが可能になります。

■サービスの実施内容

<データ分析基盤構築の進め方例>

データ分析基盤構築の進め方例

<データ分析基盤の構築物例(抜粋)>

●Amazon Athenaを活用したELT基盤例

主に社内蓄積データを簡単に整形・分析・レポーティングしたい場合に適します。SQLベースで整形と分析を行えるため、非エンジニアの方でも独自に利用できます。

Amazon Athenaを活用したELT基盤例

●Amazon Redshiftを活用したELT基盤例

すでにAmazon Redshiftにデータを蓄積しており、その環境を利用したい場合に適します。Amazon Redshiftのマシンパワーを利用でき、高速な処理を期待できます。

Amazon Redshiftを活用したELT基盤例

●Amazon Kinesisを活用したストリーミングデータ分析基盤例

リアルタイム性が要求される分析業務に適します。サーバレスで構成することでデータ量の急激な増減にも対応し、コスト最適化を期待できます。

Amazon Kinesisを活用したストリーミングデータ分析基盤例

■ETLとELTの処理方式の違い

ETL とは、データを抽出(Extract)し、それを加工(Transform)してDWHなどへ読み込み(Load)を行う基盤やツール、プロセスのことを指します。データパイプラインを構成する要素の一つとして、従来はこのETL方式が主流でしたが、近年はELT(抽出・読み込み・加工)のアプローチを採用するケースも増えています。

ETLではデータの加工処理をプログラムで記述しますが、ELTではデータをDWHなどに読み込んだ後にSQLで加工を行います。クラウドサービスの成長に伴い、DWHの処理性能が向上したことでELT方式も実用に耐えるものとなり、データ処理方式の有力な選択肢の一つとなりました。

ETLとELTにはそれぞれメリット・デメリットがあるため、弊社ではお客様のご要件に応じて最適なアーキテクチャをご提案させていただきます。

ETLとELTの処理方式の違い

■トップレベルのAWSエンジニアがシステムの構築・運用をアドバイス

AWSに関する卓越した技術力と情報発信を評価されたAPN Ambassadorを始めとするトップレベルのAWSエンジニアが、AWSとシステム開発に関する豊富な経験をもとに貴社システムの構築や改善についてのアドバイスを行います。

佐々木拓郎 ・2019 APN Ambassador
・2019 APN AWS Top Engineer
【著書】
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド
Amazon Web Services 業務システム設計・移行ガイド
Amazon Web Services クラウドネイティブ・アプリケーション開発技法
AWS認定資格試験テキスト AWS認定ソリューションアーキテクト・アソシエイト
要点整理から攻略する『AWS認定 セキュリティ・専門知識』他
上野史瑛 ・2020 APN Ambassador
・2020 APN AWS Top Engineer
・2020 APN All Certifications Top Engineer
【著書】
要点整理から攻略する『AWS認定 セキュリティ・専門知識』
岩崎聖夜 ・2020 APN AWS Top Engineer 【執筆】
ITソリューションフロンティア「AIのビジネス活用を成功させるために」(2019年8月)

※アサインするメンバーは、システム・実施時期等を考慮して調整させていただきます。

お問い合わせ

当社のサービス・製品に関するご相談やご質問、お見積りのご依頼など、こちらからお問い合わせください。