モバイルアプリの利用状況のモニタリング

img_products_apps-monitoring_thumb

モバイルアプリのアクセス状況や機能の利用率など改善に役立つ指標の解析、障害発生状況をモニタリングできる仕組みづくりの支援を行います。

モニタリングと分析の重要性

Webサイトではアクセスログ解析や広告配信の効果測定、あるいはサーバやネットワークの利用状況や障害状況を監視といったモニタリングを行うのが一般的です。モバイルアプリでも同様に、あらかじめモニタリングできる仕組みを組み込むことで効果測定することが可能です。

リリース後の機能改善や障害対応がユーザーの評価に与える影響が大きいモバイルアプリにおいて、隠れたニーズや障害状況をユーザーが気付く前に捉えて対策することが成功のカギとなります。

<クリック率や利用率を測定して機能改善に役立てる>

ユーザーの満足度を高め、アプリの信頼性を得るには、機能を改善していくことが不可欠です。ボタンごとのクリック率や機能ごとの利用率などを測定し、ユーザーがどのようにアプリを使用しているか把握することが機能改善に向けた第一歩となります。

<障害状況の迅速な把握>

機能や使い勝手以上に重要なことは障害状況の把握とその対応です。ユーザーからの連絡やレビューによって障害に気付くようではユーザーの評価や信頼を失いかねません。そのためには運営者側で障害状況を日々モニタリングできる環境が不可欠です。

当社のモニタリングサービスのメリット

そこで、ご利用いただきたいのが当社のモニタリングと分析のサービス。具体的には以下のようなメリットを得ることができます。

  • モバイルアプリの利用状況の把握。機能改修に向けて、「どこを強化」して「どの機能をなくすか」の判断材料を作ることができる
  • アプリ障害をアプリ配布サイトのレビューではなく、運営者自身が日々確認できることにより早めの対策を検討・実施できる
  • アプリ改修のための予算取り根拠となるデータを取得できる

当社にはGoogle アナリティクス 360による解析に長けたスペシャリストが多数在籍しています。アプリにおいても、Google アナリティクスやサイトカタリスト、Clash、crashlyticsなどを駆使した解析サービスを提供しており、数多くの実績を誇ります。このNRIグループならではの解析力で、モバイルの運用を強力にサポート致します。

お問い合わせ

当社のサービス・製品に関するご相談やご質問、お見積りのご依頼など、こちらからお問い合わせください。