Google オプティマイズを利用した顧客体験の向上 第1回(神崎 健太) ケース別!Google オプティマイズ タグ設置のベストプラクティス 1/3

0208

この連載の対象読者

この連載は、Webサイトの運営や制作を担当している方を対象としています。Webサイトを訪れるユーザーに対して、より良い体験を提供するためにも、Google オプティマイズをぜひともご活用ください。

はじめに

昨今、Google オプティマイズを導入し、A/Bテストやパーソナライゼーションを行う企業が増えてきています。

Google オプティマイズでA/Bテストやパーソナライゼーションを行うためには、WebサイトにGoogle オプティマイズのタグを設置する必要がありますが、そのタグを設置するところで、多くの企業がつまずいているように思います。

そこで本稿では、Google オプティマイズ タグ設置のベストプラクティスをケース別に紹介します。Google アナリティクスのタグ設置状況に合わせて、ケース1~5のいずれかを参照・実行してください。

※Google オプティマイズを利用するためには、Google アナリティクスの利用が必須です。

ケース1:古いライブラリ(ga.js や urchin.js)を使用している場合

以下のヘルプに記載されている通り、Google オプティマイズは、古いライブラリ(ga.js や urchin.js)のGoogle アナリティクスのトラッキングコードに対応していません。

https://support.google.com/optimize/answer/6315871/
(2019年1月17日現在 英語のみ)

そのため、まずはGoogle アナリティクスのトラッキングコードを新しいライブラリ(analytics.js や gtag.js)に移行する必要があります。ライブラリ移行後のタグ設置方法については、ケース2以降を参照してください。

ケース2:「analytics.js」のトラッキングコードをサイトに記述している場合

「analytics.js」のトラッキングコードをサイトに記述している場合は、まずGoogle オプティマイズのUI上の「オプティマイズをインストール」を押下してください。

「オプティマイズをインストール」を押下すると、「オプティマイズ スニペットの実装」というダイアログが表示されるので、「ユニバーサル アナリティクス~詳細をご覧ください。」の「詳細」からヘルプページ「オプティマイズの導入」を表示してください。

続いて、ヘルプページに記載されている「ga(‘require’, ‘GTM-XXXXXX’);」というコードをコピーして、トラッキングコードの以下赤枠部分に挿入してください。

最後に、ヘルプページに記載されている以下のコードの赤枠部分をコピーして、トラッキングコードに追記し、「GTM-XXXXXX」部分をGoogle オプティマイズのコンテナ IDで置換したら、修正は完了です。

※修正済みトラッキングコードには、推奨設置位置があります。詳しくは、以下のヘルプを参照してください。
https://support.google.com/optimize/answer/6262084?hl=ja#tagging-best-practices

お問い合わせ

当社のサービス・製品に関するご相談やご質問、お見積りのご依頼など、こちらからお問い合わせください。