─ ユーザー視点を重視した画面設計の高度化 ─(塚田一政) ビジネスに貢献するUI/UXのつくり方 1/3

20171211

Webサイトやスマートフォンアプリなど、Webサービスを設計するに当たって、つくり手である企業視点ではなく、ユーザー視点で設計するUCD(User Centered Design:ユーザー中心設計)が注目されている。社内向けの業務システムへの活用も含め、ビジネスに貢献するUCDの手法を2つのケースを例に紹介する。


Webデザイン事業部 UI/UXデザイナー 塚田一政

ユーザー中心設計(UCD)とは

現在、日常生活の中には、利用者に情報を提供し、行動や機器の操作などをサポートするデバイスが多く存在する。自動車のダッシュボードや、駅の運行情報板などがその代表例である。利用者には必ずそれらを利用する目的がある。自動車のダッシュボードであれば、目的は安全・快適に自動車を運転することであり、駅の運行情報板であれば、目的地までの電車を見つけて迷わず乗ることである。

UCD とは、このような利用者の目的・ニーズを分析した上で、最適なインターフェースをデザインし、ユーザー視点で検証を繰り返しながら最適なUI(User Interface:ユーザーインターフェース)を作り上げるプロセスである。近年、Webサイトやスマートフォンアプリ、業務システムにおいても、UCDが用いられるようになってきた。

従来の手法では、業務要件とシステム要件を元に、利用者全員が決まった操作を行うことを前提として画面設計が行われてきた。しかし、スマートフォンに代表されるデジタルデバイスの普及、それに伴う利用者の増加や利用されるシーンの多様化により、従来の手法では利用者のニーズを十分に満たすことができなくなってきている。さらに、多くのWebサービスが乱立する現代において、自社サービスを競争優位に導くためには、UX(User eXperience:利用者体験)が重視される。利用者が求める情報へのアクセスの過程においても、良質な体験を提供することが求められるようになってきている。

UX向上のためのUCDの導入手法と、UIの最適化について、事例を交えながら解説する。

UCDの4ステップ

UCDの特徴として「ユーザー視点による仮説・検証」が挙げられる。ユーザー視点で設計し、出来上がったプロトタイプをユーザー視点で検証するものであり、以下の4 ステップで構成される。

①ユーザーモデルの定義

②目的・課題の定義

③画面デザイン設計、プロトタイプ開発

④ユーザー評価

このステップを繰り返し、より多くのユーザーが満足する画面を設計することがUCDの特徴である。各ステップについて解説する。

①ユーザーモデルの定義

サービスのユーザーモデルを定義する。つまり、「どのような人が」「どのような環境で」「何を使って」サービスを利用するかを定義するステップである。ユーザー調査や観察、またブレインストーミングなどの手法によって、想定するユーザーに関する情報を収集・分析する(表1参照)。併せて自社サービスの特徴、競合サービスや市場環境、システム環境なども分析することで、ユーザーや自社サービスをとりまく環境が明確化されていく。

②目的・課題の定義

ユーザーのサービス利用目的、解決したい課題を明確化し、ユーザーの行動、心理状態を具体化していくステップである。それらを行動シナリオとしてまとめ、シナリオに沿った画面設計を行い、①で定義したユーザーニーズに近い形の画面を設計していく。一般消費者向けのサービスでは、ユーザーモデル、目的・課題は多岐にわたるため、多くの行動シナリオが抽出されるが、できるだけ多くの行動シナリオを画面設計に反映させることが重要である。

③画面デザイン設計、プロトタイプ開発

ユーザーモデル、目的・課題、行動シナリオを元に、画面デザイン、プロトタイプを開発するステップである。例えば「仕事を終えた20代女性会社員が、帰宅途中の通勤電車内で、車内の壁に寄りかかって立ったまま、30 分ほどスマートフォンを操作する」といった行動シナリオの中で、どのようなUI が最適なのかを考える。コンセプトを定義し、Webやアプリに必要な要素の配置をワイヤーフレーム開発により検討してUIを設計し、プロトタイプの開発を行う。

ここではユーザーのニーズに沿った設計を行うために、コンセプトを関係者間で共有し、画面設計の方向性・ユーザーが到達すべきゴールを統一することが重要である。コンセプト、方向性、ゴールを共有することにより、開発の手戻りを最小化する効果もある。

④ユーザー評価

プロトタイプをユーザー視点で評価するステップである。評価手法として代表的なものは、専門家による経験や知見を基にしたヒューリスティック調査や、ユーザーモデルに近い複数の第三者がUIの評価をするユーザーテスト、2種類のプロトタイプを用意しどちらが使いやすいか評価するA/Bテストがある。

前工程で定義した目的が達成されたかを基準として評価する他、ユーザーテストの過程で出た画面設計上の問題をフィードバックすることも、本ステップの目的の1つである。

このようにUCD では、仮説により設計したUI に対し、サービスの利用者(もしくは利用者に近い第三者)が繰り返し評価を行い、改善を重ねることで、よりユーザーニーズに沿った画面を設計できる。

UCDはどのように導入すればよいのだろうか。導入方法について、2 つのケースを元に紹介する。1つは不動産検索サイト、もう1つは社内業務画面である。

お問い合わせ

当社のサービス・製品に関するご相談やご質問、お見積りのご依頼など、こちらからお問い合わせください。