Google アナリティクス + Google AdWords の連携でサイト・アプリの認知を高めよう 第1回 (神崎健太) メリットいろいろ! Google アナリティクス と Google AdWords をリンクしよう 3/3

%e7%a5%9e%e5%b4%8e%e3%81%95%e3%82%93%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

Google アナリティクス と Google AdWords のリンク方法

Google アナリティクス と Google AdWords のリンクは、Google アナリティクス の管理画面より、簡単に行うことができます。

具体的な手順については、以下の通りです。

  1. 使用している Google アカウント に、リンクを行う Google アナリティクス のプロパティの編集権限と、Google AdWords のアカウントの管理者権限があることを確認してください。
  2. Google アナリティクス の管理画面より、「AdWordsのリンク設定」を押下してください。
  3. 使用している Google アカウントが権限を持つ Google AdWords のアカウント一覧が表示されますので、リンクするアカウントを選択し、「続行」を押下してください。
    • Google アナリティクス リンク済みAdWordsアカウントの選択
      Googleアナリティクス リンク済みAdWordsアカウントの選択
  4. リンクグループのタイトル(任意)を入力してください。
  5. リンク対象のビューを選択してください。
    • Googleアナリティクス リンクグループのタイトル入力とリンク対象ビュー選択
      Googleアナリティクス リンクグループのタイトル入力とリンク対象ビュー選択
  6. 「アカウントをリンク」を押下してください。

自動タグ設定と手動タグ設定

Google AdWords で配信する広告に関する計測を Google アナリティクス で行うためには、「自動タグ設定」と「手動タグ設定」と呼ばれる2つの手法のどちらかを利用する必要があります。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

自動タグ設定

自動タグ設定は、Google AdWords のデータを Google アナリティクス に自動的にインポートするための機能です。自動タグ設定を使用すると、ユーザーが広告をクリックしてWebサイトを訪問した際、ランディングページのURLに「gclid」というパラメータが付加されるようになります。例えば、広告のランディングページに「www.mysite.com/」を指定した場合、ユーザーが広告をクリックすると、アドレスバーには「www.mysite.com/?gclid=123xyz」のようなURLが表示されます。

手動タグ設定

手動タグ設定は、Google AdWords で広告を入稿する際に、最終ページURLとして「utm」パラメータ付きのURLを設定する方法です。例えば、広告のランディングページのURLが「www.mysite.com/」の場合、最終ページURLは「www.mysite.com/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=spring_sale&utm_term=running」のように設定します。

本題から外れるため割愛しますが、utmパラメータには一定の設定ルールがあるため、「 [デフォルト チャネル グループ]のチャネル定義」を参考に設定するようにしてください。

また、パラメータを発行するためのツール(Web向けAndroidアプリ向けiOSアプリ向け」も用意されているため、そちらを利用するとより安全な運用が可能です。

以上が「自動タグ設定」と「手動タグ設定」の説明となりますが、それでは、どちらを利用すべきなのでしょうか。

「gclid」パラメータを利用できないなど、何か特別な事情がある場合を除けば、自動タグ設定をおすすめします。自動タグ設定には、手動タグ設定と比較して以下のような利点があるためです。

  1. 個々の最終ページURLに手動でパラメータを設定する必要がなくなるため、ヒューマンエラーが発生しづらく、作業コストも抑えることができます。
  2. Googleアナリティクスの目標やeコマーストランザクションを、Google AdWords にインポートすることができるようになります。
  3. 広告が掲載されたドメインや Google AdWords で設定された広告グループなど、Google アナリティクス 上で確認できるデータの幅が広がります。

また、自動タグ設定は、Google AdWords にて以下の手順で有効化することができます。

  1. https://www.google.com/adwords/にアクセスし、Google AdWords にログインしてください。
    • Google AdWords 公式サイト
      Google AdWords 公式サイト
  2. 歯車のアイコンを押下し、「アカウント設定」を選択してください。
    • Google AdWords アカウント設定
      Google AdWords アカウント設定
  3. 「設定」タブにて「トラッキング」の「編集」をクリックしてください。
  4. 自動タグ設定のチェックボックスにチェックを入れてください。
    • Google AdWords 自動タグ設定の有効化
      Google AdWords 自動タグ設定の有効化
  5. 「変更を保存」を押下してください

あくまで参考までですが、自動タグ設定によってセットされる一部の値を、手動タグ設定で上書きするような設定も、Google アナリティクス の管理画面より可能ですので、必要に応じてそちらもご利用ください。

おわりに

以上で、Google AdWords を利用したオンライン広告施策に Google アナリティクス を活用するための基本的なセットアップが完了しました。考慮・調整しなければならないポリシー要件はいくつかあるものの、想像以上に簡単にセットアップできたのではないでしょうか。ぜひ、両プラットフォームの活用を通して、お持ちのWebサイトやアプリの認知拡大・利用促進を進めてみてください

神崎健太

執筆者 神崎健太

Google アナリティクス 360 の利活用サポートをはじめとしたデジタルマーケティングの支援、アドテクノロジーの知見をもとにしたオンライン広告施策推進などを行っています。

本稿は、開発者のための実装系WebマガジンCodezineにて連載中です。

お問い合わせ

当社のサービス・製品に関するご相談やご質問、お見積りのご依頼など、こちらからお問い合わせください。