ホーム > 事例紹介 > レスポンシブWebデザイン×Google アナリティクスカスタマイズ

レスポンシブWebデザイン×Google アナリティクス カスタマイズ事例紹介

さまざまなデバイス、複数の言語でのアクセスに対応したユーザーに快適なサイトの実現を目指し、アクションを開始しました!

セブン銀行様とNRIネットコム社では、サイト運営において、アクセス解析のPDCAを実践する中で、下記を共通の課題認識としてとらえていました。

  • スマートデバイスユーザの閲覧が前年比3倍に増大している
  • サイトターゲットである外国人はスマートフォンの利用率が高い
  • デバイスはタブレットなど多岐にわたる

こうした課題を解決するため、2012年7月、セブン銀行様では海外送金サービスサイトを、ワンソースで様々なデバイスでの閲覧が可能になる“レスポンシブWebデザイン”へのリニューアルを行いました。

これにより、サービスに関心のあるお客様が、PC・スマートフォン・タブレット等さまざまなデバイスから、ワンソースで制作されたこのWebサイトにアクセスする環境が整いました。

次のステップとして必要なのは、お客様が快適な環境で閲覧でき、目的のサービスや情報に到達できているかを確認し、改善点がないか検証する事です。
そこでセブン銀行様とNRIネットコムは、「デバイスによって、流入経路やサイト内でのユーザーの動き、離脱などの傾向が異なるのではないか」という仮説をもとに、アクセスに関するデータを収集、解析、改善していく活動を開始しました。

もし、デバイスによって違った傾向が見られるのであれば、どのデバイスでも快適にサイトを閲覧していただけているか、またデバイスによって使いづらくなっているページはないか、といった点を検証する必要があります。さらに、セブン銀行様としては、広告費用をどの流入経路に多く投下すべきか、どのデバイスにどういった広告の効果が高いか、検証し、適正な投下配分を実現する必要があります。 今回は、ユーザーとサイト側の両者にとって最適なウェブ環境を実現するために、Google アナリティクスを導入、カスタマイズし、検証を開始しました。

マルチデバイス対応サイトにおける仮説検証にGoogle アナリティクスの機能を活用

レスポンシブWebデザイン化により、サイトのメンテナンスはワンソースで省力化。しかし、ユーザー導線のバリエーションは30通り全てのユーザーに快適なサイトの実現が求められます。

レスポンシブWebデザインでサイトをワンソース化に対応したことで、サイトのメンテナンスは省力化されました。しかし、セブン銀行様のサイトは10カ国語対応です。ユーザーが閲覧するデバイスをPC/スマホ/タブレットの3つと考えると、導線のバリエーションは30通りとなります。
そこで、今回のサイト改修に合わせ、Google アナリティクスにも改良を加え、各デバイス毎にユーザーをセグメント化し、セグメントごとの動向を把握できるようにしました。これにより、例えば、スクロールが長すぎて離脱していないか等、スマートデバイス向けのページ改善、各デバイス別のサイト最適化へ向けたデータ検証・改善を継続することが可能になります。
さらに、このセグメント化により各デバイス毎の広告効果の検証も容易になります。
デバイスごとにウェブ広告の効果を把握し、実施の最適化、予算の最適化を図ることが可能になりました。

各デバイス毎にユーザーをセグメント化し、セグメントごとの動向を把握

スマートフォン特有のClick to Call機能も計測。ウェブサイト・ウェブ広告の効果をO2Oで可視化。

コールセンターへのClick to Call件数

さらに今回の改修では、もう一点、新しい計測ポイントを追加しました。
これまでは自然検索や、リスティング広告からアクセスして申込に至った場合は、コンバージョンとして計測でき、広告の費用対効果を検証できてきました。
しかし、それ以外のアクションをユーザーが起こした場合、アクセス解析では計測できない事が往々にしてあります。例えば、「サイトを見て店舗に来訪する」、「電話で問い合わせする。」などです。

スマートフォン特有のClicl to Call機能

今回のレスポンシブWeb化に合わせ、スマートフォン特有のClick to Call機能の計測を開始しました。ユーザーがスマートフォンでウェブサイトを閲覧し、そのまま電話でお問い合わせいただいた件数を計測します。この件数により、ウェブサイト外でのエンゲージメントを測定し、オンラインからリアルへ送客する接点を把握できるようになったのです。
結果、ウェブサイト・ウェブ広告をオンラインだけではなくリアル騒客への施策としても活かすことが可能になりました。セブン銀行様とNRIネットコムでは、今後引き続き成果を検証して参ります。

仮説検証のために活用するGoogle アナリティクスの機能

GAカスタマイズ 計測内容
カスタム変数 PC、スマートフォン、タブレットのどのデバイスからアクセスしているか判別
バーチャルページビュー PDF等のクリックを計測
イベントトラッキング スマートフォンユーザーがお問い合せ電話番号をクリックした際の計測
ソーシャルプラグイン サイト内に設置したソーシャルボタンのクリック等の計測

Google ANALYTICS CERTIFIED PARTNER

NRIネットコムは、Googleが認定するGoogleアナリティクスの正式パートナーです。

関連する事業・サービス

Googleアナリティクスに関するご質問、ご相談
Googleアナリティクス導入・解析サービスに関するご質問・ご相談などを承ります。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

サイトマップ